- Contents Menu -

organic / natural / relax / travel / sustainable

cafe Stay Happy

SHIMOKITAZAWA
since 2010

Blog

連休日記No30 ~富士山麓編~

いざ富士山麓へ!

天然水かき氷&生いちご練乳!

朝霧高原、白糸の滝

ダイヤモンド富士の精進湖

千円札の本栖湖!

我々が将来富士山の見える場所で宿をやる予定、という話は兼がねさせて頂いていると思いますが、本当に探してんの?とか、まだやる気あるんだ的なコメントも想定されながら、地味に着実に?探しております。

先ず、コンセプトというか青写真は「海(水辺)の見える丘」というイメージを当初からブレずに持っておりまして、そこにメインキャラの存在として大物「富士山」という強力な助っ人がエントリーされてからもう10年経ちますか。

日本人なら漏れなく、いや外人さんでもチョモランマくらいの思い入れがあるMt.Fijiはちょっと目をかすめただけでも「あ!富士山♡」というサプライズ&誰もがアガル⤴ほどの人気者。まさに山という文字の象徴、日本一にして単独峰、誰でも登れる霊山、世界にもなかなかありませぬ。

そんな思い入れから、じゃどこから見る富士がいいか、静岡側か山梨側か、激戦区に名乗りを上がるか、ひっそりと秘密裏にやるか、外人さん観光客狙いか、日本人向けか。

流石に10年もやってれば、ターゲットは決まって伊豆の左肩、沼津南部となっておったんですが、なかなか物件が見つからず。三保の松原に行ってみたり、日本平にも行ってみたり、南箱根に小田原にと。要は静岡サイドをうろついておりました。

なんで?って、暖かいじゃないですか。あと距離感ね、富士山周囲50kmがいいでしょう。
そして最後の静岡か?ということで、今回は朝霧高原に歩を進めました。
寒いんじゃ!?という潜入観念から最終ラインになりましたが、なんと標高800m。意外とそんなに高くないじゃん!?まずまずいいんじゃないですか。
そして何よりいいのは広々してる!さすが高原。
伊豆の切り立った山々に平地を探すのに一苦労ということもなさそう。
ただ冬はどうするおつもりですか~?という問題は残しつつ。

となると、温泉が必須アイテムに浮上するも、温泉は西湖・河口湖・山中湖周辺というバリバリ山梨勢にしかございませぬ、、、という課題も持ち帰ってまいりました。もし皆さんのなかでこんな物件が空いてるんですよ、なんていう情報ありましたらぜひぜひお待ちしておりますよ!

未来を常に思い描いて暮らす、というライフスタイルが楽しい今日をつくる。
たぶん死ぬまでこんなことをやり続けるのだろうなぁと思っております。

 

Site Build By Trive