- Contents Menu -

organic / natural / relax / travel / sustainable

cafe Stay Happy

SHIMOKITAZAWA
since 2010

Blog

ステハの自家製有機梅酒仕込み!

我が家の梅の木の収穫5粒(過去最多&最大級!)

サチはヘタを取り洗い氷砂糖を

ワシはラム(ハバナ3年)を一升入れるだけ

う~ん、今年も梅雨入りですな。
そんな時期にステハには有機農家から青梅が届きます。最近なぜだか自家製梅酒ソーダが飛ぶように売れるので、今年は例年より多めの梅5kg分の仕込みに踏み切りました!
うちの梅酒はオープン前からいろんなお酒で漬けてみてどれが旨いか飲み比べ、今はハバナ3年のラムで落ち着きました。

初期はずっとボンベイサファイアジンで贅沢につくっておりました。
じつはこれには裏話が。もしかしたら知っている方もいるかもしれませんが、下北に我々がお店を開く前、まさか下北で店をやるなんて思ってもみない13~4年前、今はなきGadisというカフェがありました。そのカフェはその当時、なんと既に「こたつ」を配備していました。そしてその店の自家製梅酒は、そう!ボンベイサファイアで作ったものだったのです。それから毎年我が家で同じ梅酒が楽しめるようになた訳です。

カフェを開く前にいろんなカフェにいきました。その中で印象に残った断片的な情報を組み合わせてステハのお店やメニューは構成され、そしてオリジナリティ溢れる店ができているのですね。
人気メニューの「ゴボウフリタス」、これは三宿にある夢吟坊といううどん屋さんのゴボウの唐揚げから発想したものです。僕の記憶はすごく薄くてパリパリしてて美味しかった。これは素揚げをしてるんだと思い込みメニューを作りました。オープン後数年して食べに行ったら、記憶が美化されていたのか、普通の衣をつけた唐揚げでした。いやはや、人間の記憶とはいいかげんなもので。でもそれで出来上がったゴボウフリタスは一躍人気メニューになりました。

そんなわけで、今年も梅酒は仕込み完了、ステハは3年熟成を謳っているのでこれを飲めるのは3年後。やっぱり熟成年数が長いとまろやかです。おそらくつづいて今月中に自家製らっきょうを仕込むことになると思います。なんでも自家製がいいですね、どこでも飲めるものよりもここでしか味わえないというのがお客さんもいいみたいです。他にもいろいろ自家製ありますよ、どうぞお楽しみに!

 

Site Build By Trive